会場を選ばない先取り撮影|皆が笑顔になるお宮参り|忘れずに写真を撮って見返そう

皆が笑顔になるお宮参り|忘れずに写真を撮って見返そう

会場を選ばない先取り撮影

男女

こんなにある人気の理由

最近はチャペルでウェディングドレスというスタイルの結婚式が増えてきました。そんな中、「せっかくの機会だから白無垢姿も経験してみたい」という希望を持つ人や、「伝統的な衣装の晴れ姿を残したい」という両親の希望をかなえたい人に人気なのが和装での前撮りです。短時間の間にスケジュールが詰まっている挙式当日とは違い、時間がたっぷりと組まれているため余裕のある撮影ができるのも人気の理由です。先に写真撮影を済ませておく事で、当日はその分時間をたっぷり使えるようにもなります。前もってとった和装の写真をウェルカムボードにしたり、引き出物に印刷したりするなどの使い方ができるのも魅力です。2人の出会いからの懐かしい場所を訪ねて撮影できるのも前撮りならではです。

良い写真にするポイント

せっかく和装の前撮り撮影をするのなら満足のいくショットを残せるように、自分たちなりのストーリーを考えましょう。黙っていても写真撮影は進みますが、ただ受け身でいるだけではいい写真はとれません。少しうつむきがちの恥じらいを秘めたワンショットなどは和装の前撮りにはピッタリです。繋いだ手の指先に赤い糸を絡めるといった演出なら、前撮りならではの写真が撮れます。人力車や紙風船、番傘といった小物を組み合わせてみるのも面白いです。選んだストーリーをより生かすことができる季節はいつかを考えるのも注意点の1つです。依頼する写真スタジオにより雨天延期が不可能な時には、そちらに合わせたプランを用意することも必要です。十分な準備をしていい写真をアルバムに残してください。