皆が笑顔になるお宮参り|忘れずに写真を撮って見返そう

どの選択肢をとるか

ファミリー

お宮参りの写真は、一生残ります。大人になってからの顔とは違い、毎日変わる赤ちゃんの顔や体を残しておくことは大切なことです。子供が成長したときにお宮参りの写真があると、日本の風習を大切にした家庭で育ったことや、自分が大切にしてもらえたことを形として実感することにつながります。大切に育ててもらったということは形では現れにくいものなので、節目の写真に残し、誕生を皆が喜び、成長を楽しみにしていたということが実感できます。写真はスタジオで撮る場合と、お参りする神社で撮る場合があります。スタジオではプロが撮りますが、神社ではどちらの場合もあります。写真を残すという意味では、どちらを選択しても良いと考えられます。

プロにお宮参りの写真を撮ってもらう場合、もちろん費用が発生します。あれもこれも着るものやシュチュエーションを変えると、アルバム代がかさみます。データは別で購入しなければならない場合が多く、年賀状や内祝いの品で使用しようとするとデータを購入する必要があります。トータルの費用が安くはない金額になります。しかし、やはりプロですので技術が違います。使用するカメラの質が良いことはもちろんですが、何人もいる被写体の全てがカメラを見ているように工夫します。大人だけならばともかく、子供がふたり以上いる場合には、これは容易なことではありません。自分達で撮る場合、逆のことが言えます。お宮参りの写真を撮るためのカメラを持っていればお金は現像代のみで、データもすべて手元に残りますが、上手に撮れる保証はありません。

大きなお腹を写真に残そう

妊婦

人生の中でも特別で幸せな妊娠期間には、ぜひ大きなお腹をマタニティフォトに残しておきましょう。将来子供に見せてあげても喜びますよ。写真館でのとっておきのマタニティフォト、記念になるのでとってもおすすめです。

もっと知ろう

記念に残す1枚

カメラマン

東京にある出張撮影を利用する事で、いつもの自撮りとは違った、写真撮影が可能です。人生の節目にあるイベントやお祝い事にはアマチュアカメラマンよりもプロによる撮影で美しい写真を残す事が出来ます。価格もリーゾナブルですからいい写真を撮影したい時には出張撮影がおすすめです。

もっと知ろう

会場を選ばない先取り撮影

男女

どんな挙式スタイルを選んでも、前撮りすることで和装の花嫁姿もアルバムに残せます。写真館任せにして受け身でいるだけでは良い写真は残せません。自分たちなりのストーリーを描いて撮影に臨み、挙式の当日にも活用してください。

もっと知ろう